【必見】二日酔いの頭痛の効果的な治し方とは!



「二日酔いの頭痛」効果的な治し方は?

二日酔いで頭が痛い・・・
つらいですよね!
今すぐ直したいですよね!
もう二度とこんなつらい思いをしたくない・・
そう思いますよね・・

今すぐ頭痛がなくなって、気分がすっきりすれば
どんなに素晴らしいことかと思いますが、
実はそんな方法はありません。

頭が痛くてしょうがない場合は、
我慢せずに「頭痛薬」を飲みましょう。
個人的におすすめは「ロキソニン」ですが、
バファリンでもイブでも市販の鎮痛剤があれば、
服用することで痛みは和らぎますので、
水分を多めにとって、薬を飲んで寝ておきましょう。

アルコール頭痛について、原因や仕組みなどいろいろ
調べた結果、一番良い方法は
「水分補給をしっかりして、よく寝ること」となります。
当たり前のようですが、回復するにはこれが一番確実なんです。

お酒を飲んで、しんどくなる。
頭が痛くなる。気分が悪くなる。
これらを予防するのもやはり、「水分補給」なんです。

お酒をたくさんの飲む。同じ量以上の水分(お水かスポーツドリンク)を
飲むようにしましょう。

私の場合、お酒を飲んで(かなりの量)家に帰ってきても必ず
お風呂に入るんですが(本当は入ってはダメ)
入る前に、お水をがぶ飲みします。何杯も何杯も・・
そしてお風呂に入って、出てきてもお水を飲みます。
ベッドに入る前もお水を飲んで、枕元にはお水を水筒に入れて置いて寝ます。
目が覚めた時にすぐに飲めるためです。
「どれだけ飲むんだっ!」ていうくらい飲んで寝ます。
朝、オシッコが溜まって我慢できずトイレに行って
すごい量のオシッコを出せば、二日酔いはほとんどありません。

これは私の個人的な方法なので、参考程度で・・・

二日酔いの頭痛の原因は?

ではどうして二日酔いで頭が痛くなるのでしょう?

お酒(アルコール)=エタノールです。
お酒を飲むことで体の中にアルコール(エタノール)が
入ってきます。すると体の中では「アルコール脱水素酵素」
アルコールを「アセトアルデヒド」に分解します。
この「アセトアルデヒド」が脱水素酵素によって「酢酸」に分解し、
最終的に水と二酸化炭素に分解されて体外に出ていきます。

実はアルコールから分解された「アセトアルデヒド」有害物質
「悪酔い」「二日酔い」を引き起こします。
お酒の飲むスピードが速かったり、アルコールの量が増えると
アセトアルデヒドが体内に残り、それを排出しようと体が反応して
血管が広がり神経を圧迫頭痛が引き起こされます。

また、ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルのレポートによると、
「コンジナー」の影響が大きいとなります。
コンジナーとはアルコール飲料に含まれている水とエチルアルコール以外に物質。
具体的には、酵母残留物とか、油、糖類、有機酸、ポリフェノール、アルヒデトなど。
コンジナーが多く含まれているお酒は色がついているお酒が多く、
ジンやウォッカなど無色透明の蒸留酒はコンジナーが少なく、
ブランデー、ラム、スコッチなどはジンなどの6倍コンジナーが
多いそうです。バーボンはジンの8倍くらい多く、
また赤ワインのほうが、白ワインよりコンジナーが多く、
悪酔いしやすといわれています。

簡単に言うと、お酒を飲んで発生した有害物質や、
お酒自体に含まれる物質を排除するため
頭痛が起こるのです。

二日酔いになりやすいお酒となりにくいお酒

二日酔い、いわゆる次の日に残りやすいお酒。
また飲むことによって、気分が悪くなって、
頭痛が酷く、吐いたりしてしまう悪酔い。

学者さんによれば、コンジナーの多さが影響しているとのことです。

コンジナーとは、お酒に含まれている水とアルコール以外の成分の事ですが、
お酒の原液だけを見れば、蒸留酒の方がコンジナーが少なく、
醸造酒の方がコンジナーが多いことになります。

コンジナーは色や風味も含みますので、
分かりやすく言えば、色のついたお酒の方が
残りやすく、悪酔いしやすい事になります。

ウォッカやジンなど、無色透明のお酒はコンジナーが少なく、
ブランデーやバーボン、スコッチなどはコンジナーが多く
ジンやウォッカなどに比べて、二日酔いしやすく、悪酔いしやすい
お酒ということになります。
日本酒やワインは醸造酒なので製造過程で元々コンジナーを含みますので
やはり残りやすく、二日酔いになりやすいお酒になります。

赤ワインなど「ポリフェノール」を多く含み
抗酸化作用があって体に良いように言われますが、
ポリフェノールもコンジナーとなるので、二日酔いしやすいということになりますね。

ウォッカやジンなどでもカクテルとかになると
残りやすくなり、焼酎もサワーなどは二日酔いになりやすいお酒となります。

二日酔いはコンジナーだけではなく、アセトアルデヒドの影響もあるので
ジンやウォッカや焼酎でも飲み過ぎれば二日酔いになりますし、
悪酔いもします。

お酒は、美味しく、ゆっくりと味わって飲むのが一番良いのではないでしょうか。

科学的根拠による二日酔、悪酔いしない飲み方とは!

アルコールを飲むことで、体内から水分が失われていきます。
まずそれを補わなければなりません。
お酒を飲む前にお水を飲むだけでも効果はあります。
頭痛が伴う場合には電解質(イオンサプライ)などのスポーツ飲料
トマトジュースなど塩分が入った飲み物。
経口補水液などもおすすめです。

お酒を1杯飲んだら、コップ1杯のお水を飲むようにすれば
かなり脱水症状を防げますし、飲んでばかりではなく、
食べ物も一緒に摂ることで、胃への刺激が和らぎますので
胃が空っぽにならないようにしましょう。

そして大事なことは、ゆっくりとペースを守って飲むことです。

特に日ごろから、朝食をしっかり食べるようにしましょう。
健康的に朝食を食べることで血糖はもちろん、ビタミンやミネラルを補うことができます。
そういったエネルギーはすべて肝臓に蓄えられ、アルコールなどを分解するのに使われています。

頭が痛くなった時の対処法は!

お酒を飲むとすぐ頭が痛くなる人と
たくさんお酒を飲んで、次の日頭が痛くなる人といるのですが
お酒を飲むとすぐ頭が痛くなる方は、おそらく「脱水素酵素」
少ないと思われます。そのためアルコールが入ってきたら、
体が反応し、血管が拡張して神経を圧迫し頭痛が生じます。

いつもお酒を飲むと頭痛がする方は、水分を多くとり
お酒をできるだけ早く、体から出すようにしましょう。
またおなかが減っている状態でお酒を飲むと、
血中アルコール濃度が高くなり、余計に血管が拡張詩y巣くなるので
お酒を飲む少し前に、軽食など軽く食べて置くようにしましょう。

二日酔いで頭痛がする場合、やはり水分をとることです。
コーヒーやコーラ、緑茶などはカフェインが入っていますので、
血管を収縮させる効果が期待できます。
朝、少し頭が痛い場合など、一杯のコーヒーはおすすめです。

二日酔いの頭痛に効く薬は?

我慢ができるくらいの頭痛なら水分をしっかりとって、
寝れば、ほとんどの場合大丈夫ですが、
我慢できない頭痛の場合、市販の鎮痛剤などの服用をお勧めします。

アルコール頭痛は血管が拡張し、神経を圧迫して起こるので、
多くの市販の鎮痛剤は血管を収縮して痛みを鎮めるので
効果が期待できます。

よくお酒を飲んだ次の日は頭が痛くなる人は、
夜寝る前に鎮痛剤を飲んで寝ると、朝の頭痛がかなり軽減するので、
試してみることをおすすめします。

普段よく飲む薬があれば、それで良いのですが
オススメするのは「ロキソニン」です。
痛み止めなので、スジが違ったり、筋肉痛でも寝違いでもよく効きます。

映画「ダイハード?」でブルースウィルスが二日酔?飲みすぎのシーンで
鎮痛剤を探して飲んでいたシーンがあったのですが、
アメリカでは二日酔いの場合、鎮痛剤を飲むことが
当たり前なのかもしれませんね。(これは個人的見解です)

頭痛に効くツボは?

お酒をに飲む機会が多い方や、お酒が好きでよく飲む方、
ついつい飲みすぎてしまう方。
ツボを押すことで緩和が期待できるのでぜひ試してみましょう。

【期門(キモン)】
二日酔に効くといわれるツボです。
場所は両乳首の真下で肋骨と交わるところです。

押し方は右の期門だけを押して刺激します。

【健理三針区(ケンリサンシンク)】

肝臓の働きを活性化してくれるツボです。
このツボを押すことでアルコールの分解が促すことが期待できます。

押し方は親指で強く推して揉むか、つまようじを10本くらい束ねて
ほんのり赤くなるまで軽くつつくのが効果的です。
両手とも健理三針区を押しましょう。

二日酔い予防の効果的なサプリメントは?

最近では健康の維持のために健康食品を薦める病院も増えてきました。
サプリメント外来がある病院も増えてきていますし、
多くの医師も成分の配合量がしっかりしているサプリメントを
推奨しています。

その中で、医学博士「青木厚」先生推奨する
飲みすぎ対策サプリメントが

「エカス(ekas)」

富山医科薬科大学と製薬メーカーが共同開発した特許取得成分で、
生活習慣病対応成分として、注目されています。
この特許取得成分と植物成分が主体の11種類もの成分が
コンディションをコントロールし、圧倒的な実感力が期待できます。

コンビニで売っている、飲む前に飲んだりする
ウコンやしじみじゃなく、毎日飲むサプリメントなので
生活習慣病の予防になり、健康数値を正常な状態へ
導いてくれる効果が期待でき、飲んだ次の日に残りにくく
二日酔いの対策としても大いに期待できるサプリメントです。

楽しく飲みたい方、飲む機会が多い方、生活習慣病など
健康が気になる方に絶対おすすめのサプリメント「エカス」です。

→【医学博士監修】特許取得成分配合・飲み過ぎ対策サプリ【エカス ekas】の詳細はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする