水ダイエットの実験でわかる効果とは・・

食事の30分前に水を飲む実験の結果!

イギリス・バーミンガム大学で、
食事の30分前に水を飲むことによって、
水ダイエットができるのか?
という実験をしました。
もちろん、根拠があってのことなのですが、
太り気味(肥満)に悩む人、84人を集めて
食事についてと、運動についてレクチャーし、
3つのグループに分けました。

1.1日3回の食事の30分前に500mlの水を飲むグループ

2.1日のうち、1回だけ食事の30分前に500mlの水を飲むグループ

3.1日3回の食事の前に「お腹は減っていない!(空腹ではない)」とイメージするグループ

と3つのグループで実験をしました。

食事の前に飲む水は、ごく普通の天然水で、
炭酸飲料や糖分とか入ったジュースなどは絶対禁止としました。

そして12週間後・・

なんと、1日3日の前に水を500ml飲んだグループは
4.3kgも体重が減っていたのです。

1日1回だけ水を飲んだグループも、
お腹が減っていないとイメージしたグループは0.8㎏の減でした。

そうなんです。
この実験結果で解るように、
毎日、食事の30分前に500mlの水を飲めば、
水ダイエット効果が期待できるという事なんです。

食事の30分前に水を飲めば満腹感に・・

バーミンガム大学での食事の30分前に水を飲む実験で、
ヘレン・バレッティ氏は
「とてもシンプルで良い研究になります。」
「生活が毎日忙しく、減量に対してなかなか取り組めない人でも、
水を飲むだけなら簡単で、食事も健康的に摂り、
運動習慣を取り入れることで、もっと効率的な減量が可能でしょう」
と語っています。

また、ヘレン・バレッティ氏は
「水を飲むことにより、胃腸に水がとどまり、
胃が膨れて、満腹感を感じ,
食べ過ぎ防止につながるのでしょう」

さらに、「食事に直前とかに水を飲めば、胃液が薄められ、
食べたものの、栄養分の吸収が悪くなル恐れがあるので、
やはり食事の30分前に水を飲むことが、
大事なのではないか」と説明しています。

今回のバーミンガム大学での実験は
平均年齢が、56歳と比較的高齢の方での実験となったのですが、
若い人を対象にした実験でも、1日1リットル以上の水を飲めば、
体重が減少しやすいとという結果が出ています。

体重オーバーを感じている人が、4kgの体重を減らすことは
とっても重要なことです。
毎日、 食事の30分前に「水500ml」を飲むことで、
高齢の方でも、身体に負担が少なく水ダイエットが実践できることは、
保健指導の面でもかなりのメリットがあるのではないでしょうか。

水ダイエットとは、身体の老廃物を外に出す

老廃物とは、身体の新陳代謝によって出る、
身体にとって、不要な物質のことです。
いわゆる、便、尿、汗、垢などになります。

その老廃物がうまく排出できず、
身体の中に溜まってしまうと
お肌がくすんできたり、肌荒れを起こしたり、
むくみを起こしたりします。

「新陳代謝」が悪いということですね。

この新陳代謝が悪くなると、老廃物をうまく排出できず、
便秘になり、肌がくすんできて、肌荒れが酷くなるんですね。

この老廃物を、どうにかして、身体から出してあげることができれば、
スッキリし、便秘が解消され、肌荒れも改善しお肌のくすみも
気にならなくなるのではないでしょうか?

老廃物を、外にきっちり出すことができれば、
効果があると思いませんか?

その、老廃物を外に出すためには、

不純物がない水分を取り入れることによって、
うまく排出することができます。

実は、人間の身体は水分が60%くらいででできています。

この水分量は大きくは変わらないので、
不純物を一切含まない水分を一定量摂取すれば、
老廃物一緒に、体外に排出されるのです。

この不純物が一切入っていない水分こそが
「お水」で、お水を飲むことによって
身体に溜まった老廃物をできるだけ、外に排出でき、
排出することによって、代謝が良くなります。

ここで不純物というのは、身体に必要のないもの。
摂り過ぎた栄養分などの不純物となります。

「これは身体に良い」と思って食べているものでも、
不純物を多く含んでいる場合があります。

身体に必要な栄養分でも、摂り過ぎれば不純物となりますし、
この不純物が老廃物となり、これを外に出すには、
「お水」を飲むことが一番自然で、
効率的な方法なのです。

人間の身体の水分量は60%

大人の身体の水分量は体重のやく60%といわれています。
もちろん多少の誤差はあるのですが、
大体、体重の60%は「水」でできている事になります。

その身体の水分量は、個人差は多少あるのですが、
大きく変わることはありません。
約60%の水分で身体が作らているので、
いろんな美味しいものを食べたり、飲んだりしたものは
身体の中で消化されて、必要がなくなると老廃物として
便や尿、汗や呼気などで排出されていきます。

ここで大切なことは「身体の水分量は60%からほとんど変わらない」
ということです。
もちろん体重が増えていけが、水分量も増えるのですが、
「約60%」はほとんど変わりません。

そしてその体重の約4%ぐらいが身体から不要になった
「不純物」といわれています。

体重が約50%の場合、

「体重50㎏×4%=2kg」

となります。
不純物は、身体にため込むと新陳代謝に影響を及ぼし、
肌荒れ、吹き出物、ニキビなどの症状が現れ、
新陳代謝が悪くなり、お肌に不快な症状が現れます。
便秘がこれと同じ症状ですね。

便秘とは、何日も排便がない状態で、お腹が張った状態になります。
お腹が張るのは、腸内にガスが溜まった状態で、
口臭が酷くなり、ゲップが出て臭くなります。
また腸内にガスが溜まると背中、腰を圧迫するので、
違和感、痛みを生じることもあります。
また、肩こりが酷い方が、便秘が解消すると、
肩こりがなくなったということも多くあります。

身体の水分量は60%から大幅に変わることはありません。
そしてから場に溜まった不純物は体重の約4%。
体重が50kgなら5㎏、水なら2リットルとなるのですが、
毎日、2リットルの水を飲めば、身体に溜まった不純物を
排出しやすくなります。

毎日2リットルの水を飲むことによって、
身体の不純物を効率的に排出することができるのです。

これは「水」なければばなりません。

お茶ではダメなのです。

いくら、お茶にはカテキンやビタミンがあって体に良くても、
水ダイエットはあくまで「水」を飲むことです。

その理由は、どんなに身体に良い栄養素でも、
身体に取り入れられ、消化されると、不純物となるのです。

お茶ではダメなんです。

コーヒーや紅茶もダメなんです。

あくまで「水」を2リットル飲むという事なのです。

水分ではありません。「水」なのです。

間違ってはいけない!水ダイエットの正しい方法はこれ!」

水ダイエットとは、毎日水を体重の4%量を飲むことなのです。
体重の約4%とは、体重が50kgなら約2リットル。
60㎏なら2.4リットルとなります。
2リットルのペットボトルなどで測ればわかりやすいですね。

正しい方法は、食事の30分前に500mlを飲むことです。

実験結果で解るように、食事の30分前に水を飲む事が、
一番ダイエット効果が出たので、これをしっかりすれば、
1.5リットルになるので、後は食事中などにちょっとずつ飲んでいれば、
2リットルは飲めます。

無糖の炭酸水なら問題ありませんが、糖分が入っているもの。
また、香料が使われいる水はNGです。
そして水なのですが、「軟水」をオススメします。
よく硬水の方がミネラル、カルシウムが多く、オススメしている場合もあるのですが、
水ダイエットの場合、「軟水」がオススメです。
理由は、飲みやすいからです。
そして硬水のミネラルもカルシウムといった身体によい成分も、
水ダイエットの不純物を外に出すという事を考えると、
必要がないのです。

基本は食事の30分前に「軟水」を飲む。

これが正しい方法です。

500mlは少し多く飲めない場合は
コップ1杯くらいでもかまいません。
ポイントは食事の直前ではなく、
30分くらい前に飲むことです。

水ダイエットの実践するコツとは・・

食事の30分前に水を500ml飲む。
後は食事中、間食の時。口を潤すときなどに飲めば
簡単に2リットルは飲むことができます。

といっても、毎日、毎回の食事の30分前に500mlの水を飲み続けるのは、
結構難しいものなんです。
これが出来れば、簡単に効果が期待できるのですが、
なかなか500mlが飲めないことがあります。

そう身体が受け付けない時があるのです。

夏場なら簡単にできるのですが、冬場だとなかなかつらいんです。
そして500mlを飲むことが結構キツイです。

私の場合は、どうしても飲めないときは、
分けて飲んでました。
食事の30分前に飲めるだけ飲んで、
食事の前にも飲んで、食事中にも飲んで。
食後にも飲んでました。
1回の食事に500mlを意識して飲んでました。
それを朝、昼、夕食で決めてました。
後はお風呂に入る時に飲んで、お風呂から出てきたときに飲んで、
今までは、ペットボトルのお茶やジュース等をほとんど買わず、
水を飲んでました。
もちろん、コーヒーも飲むし、ジュースを飲むのですが
基本、「水」を飲むようにしていました。

意識してやってみると、2リットルは飲めます。

コツは意識して「水」を飲むという事ですね。

そして常温のほうが、ゴクゴク飲めます。
夏場は氷をガンガン入れて飲んでましたが、
基本は「常温」を意識していました。
あまり冷たくすると、逆に飲めなくなるし、
お腹も冷えるので、常温で飲むことをオススメします。

飲む水は水道水でも大丈夫?

水ダイエットをする水は
「軟水」がオススメです。
日本の水道水は「軟水」なので
水ダイエットに適していると言えます。

そして日本の水道水は、安心、安全との
太鼓判も押されているので、水ダイエットをするのに
なんの問題はありません。

少し臭いが気になる方は、
浄水器などで、ろ過して飲めば、
あまり気にせず、飲むことができます。

私がオススメするのは、
できるだけ「硬度」が低いお水です。

硬度とは、水1リットル当たりにマグネシウムとカルシウムが
どれだけ含まれているかということですが、
一般的に1リットル当たり120mg以下だと軟水。
それ以上だと硬水といわれています。

日本の水道水は、ほとんどが75mg/Lなので、
ほとんどの地域の水は軟水となります。

水道水をガブガブ飲むことに抵抗のある方、
また、どうせ飲むならちょっとでも体に良いものが良い!と思う方。
そんなあなたにオススメは

「温泉水99」

がオススメです。

この水はアルカリイオン水なので、
身体の調子を整えてくれる効果が期待できます。

硬度も1.7mg/Lと圧倒的な軟水で、
水本来の粒子も非常に細かく、なめらかで
身体に浸透しやすく、すごく飲みやすく、
す~っと身体に染み込む感じで飲むことができます。

あまり水を飲みたくないときでも、
ちょっと口を潤す程度に今までは一口くらいだったのが
「温泉水99」ならゴクゴクっと飲むことができ、
簡単に2リットルくらい飲んでしまします。

私の場合は、温泉水ばかりじゃなく、
いろんなお水を飲んでます。

美味しいのでまとめて温泉水99は買うのですが、
外出している時や、仕事中などはコンビニや
自販機でも良く買います。
その時はわざと「硬水」のお水を買ったりしますし、
知らない水があれば、とりあえず買って飲んだりしています。

でもメインは「温泉水99」ですね。

一番のオススメはやっぱり温泉水99!

温泉水99だけ、飲むことができれば、
飲みやすいのでオススメですが、コスパを考えると
やはり併用が良いのではないでしょうか。

私の場合は、
「キリンアルカリイオン水」
を併用して飲んでいます。

近くのドラッグストアやスーパーでも売っているので
簡単に手に入ります。

ネット通販でまとめ買いをしても、比較的に安く購入できるので
よく購入しています。
ネット通販なら家まで配達してくれるので、重たい水を運んだりしなくていいので
楽ちんですね。

→アマゾン「キリンアルカリイオン水」ほこちら!

→楽天「キリンアルカリイオン水」はこちら!

あと、水道水を浄水して料理にも使っていたり
購入したお水が切れたときには、
水道水を浄水して飲んだりもしています。

これが一番、水ダイエットがしやすく、
コスパ的に一番良い方法と思っています。

私の場合は、温泉水99がメインで、キリンアルカリイオン水も飲んだり
浄水器の水の飲んだりしています。
浄水器は「ブリタ」を使っています。

→ブリタ リクエリ マクストラプラスカートリッジ2個付き(1個増量) の詳細はこちら!

たまにコンビニなどで、硬水のお水を買ってみたり
ネット通販でもよさそうなお水を買ってみたり、
たかが水なのですが、いろんな味わいがあって、
楽しみながら水ダイエットをするようにしています。

いろんなお水を試したり、楽しむことができれば
水ダイエットは簡単にできます。

その結果、老廃物を効率よく排出でき、
水ダイエットの効果が実感できますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする