【スーパーの塩昆布は化学調味料まみれ!】昆布の健康効果を無駄にしない塩昆布を紹介します【無添加紹介】

塩昆布は、昆布に醤油や

砂糖などの調味料を加えて

炊き上げた食品です。

ご飯やおにぎりのお供にしたり、

サラダや煮物に加えたりすると、

風味やコクがアップしますよね。

しかし、実はスーパーで

売られている塩昆布には、

化学調味料や添加物が

たくさん含まれていることをご存じでしたか?

昆布本来の栄養や効果を

損なってしまうばかりか、

体にも悪影響を及ぼす可能性があります。

そこで、今回は塩昆布の健康効果と

添加物の危険性について

詳しく解説します。

また、安全で美味しい無添加塩昆布

のおすすめ商品もご紹介します。

塩昆布の健康効果とは

塩昆布には、昆布自体が持つ

さまざまな栄養素や効果があります。

主なものは以下の通りです。

食物繊維:

昆布には水溶性食物繊維が

豊富に含まれています。

水溶性食物繊維には、

腸内環境を整えて便秘を解消したり、

コレステロールや中性脂肪を下げたり

する効果があります。

また、血糖値の上昇を抑える

働きもあるため、糖尿病予防にも有効です。

ミネラル:

昆布にはカルシウムやマグネシウム、

カリウム、鉄などのミネラルが

バランスよく含まれています。

これらのミネラルには、

骨や歯を丈夫にしたり、

血圧や神経・筋肉の働きを

正常にしたりする効果があります。

ヨード:

昆布はヨードが最も多く含まれる食品です。

ヨードには甲状腺ホルモンの

生成に必要な成分であり、

基礎代謝や成長・発育を促進する効果があります。

また、抗酸化作用もあるため、

老化防止や免疫力向上にも役立ちます。

ビタミン:

昆布にはビタミンB1や

ビタミンB2などのビタミン群が含まれています。

これらのビタミンには、

エネルギー代謝を促進したり、

皮膚や粘膜を健康に保ったりする効果があります。

フコイダン:

昆布特有の成分であるフコイダンには、

抗がん作用や抗ウイルス作用などの生理活性があります。

また、血液をサラサラにする働きもあるため、

動脈硬化や血栓の予防にも有効です。

以上のように、塩昆布には昆布の持つ

多くの栄養素や効果があります。

しかし、塩昆布に使われる添加物には注意が必要です。

塩昆布に使われる添加物とは

スーパーで売られている塩昆布には、

化学調味料や添加物がたくさん含まれています。

具体的には以下のようなものがあります。

たんぱく加水分解物:

酵素や酸でたんぱく質を分解して作られる化学調味料です。

うま味やコクを与えるために使われますが、

発がん性やアレルギーの原因となる可能性があります。

還元水あめ:

水飴に水素を添加して作られる甘味料です。

水飴よりも安価で甘さも強いため、

砂糖の代用として使われますが、

カロリーが高く太りやすくなります。

また、ソルビトールという添加物も含まれています。

酵母エキス:

酵母を酸やアルカリで分解して作られる化学調味料です。

うま味や香りを与えるために使われますが、

過剰摂取すると味覚障害や頭痛などの

副作用が起こる可能性があります。

かつおエキス:

かつお節から抽出したエキスです。

うま味や風味を与えるために使われますが、

グルタミン酸ナトリウムという添加物も含まれています。

グルタミン酸ナトリウムは

頭痛や吐き気などの症状を引き起こす可能性があります。

以上のように、塩昆布に使われる添加物は

体に良くないものばかりです。

これらの添加物は昆布本来の栄養や

効果を損なってしまうだけでなく、

健康被害を引き起こす可能性もあります。

添加物の危険性

塩昆布に含まれる添加物は、

体に様々な悪影響を及ぼす可能性があります。

主な危険性は以下の通りです。

アレルギー:

たんぱく加水分解物や酵母エキスなどの

化学調味料はアレルギー反応を

引き起こす可能性があります。

アレルギー反応としてはじんましんやかゆみ、

発疹などの皮膚症状や、

喘息や咳などの呼吸器症状、

下痢や腹痛などの消化器症状などがあります。

発がん性:

たんぱく加水分解物や

酵母エキスなどの化学調味料は

発がん性物質を生成する可能性があります。

発がん性物質としては

ニトロソアミンや

ヘテロサイクリックアミンなどがあります。

これらの物質はDNAに損傷を与えて細胞分裂を乱し、

がん細胞を増殖させる可能性があります。

味覚障害:

グルタミン酸ナトリウムや

かつおエキスなどの化学調味料は

味覚神経に刺激を与えてうま味を感じさせますが、

過剰摂取すると味覚神経の感度が

低下してしまう可能性があります。

味覚障害としては、物足りなさや食欲不振、

塩分や砂糖の摂り過ぎなどがあります。

頭痛や吐き気:

グルタミン酸ナトリウムや

かつおエキスなどの化学調味料は

脳に影響を与えて神経伝達物質の

バランスを崩す可能性があります。

頭痛や吐き気としては、

中枢神経系の過敏反応や血管拡張作用などがあります。

以上のように、塩昆布に含まれる添加物は

体に様々な危険性を及ぼす可能性があります。

これらの添加物は昆布本来の栄養や

効果を損なってしまうだけでなく、

健康被害を引き起こす可能性もあります。

おすすめの無添加塩昆布

では、安全で美味しい

無添加塩昆布とはどういうものでしょうか?

おすすめの無添加塩昆布の

選び方のポイントは以下のようになります。

原材料:

原材料は昆布と塩だけであることが理想です。

醤油や砂糖などの調味料は自分で加えることができます。

化学調味料や添加物は一切含まれていないことを確認しましょう。

昆布の産地:

昆布の産地は北海道産がおすすめです。

北海道産の昆布は栄養価が高く、

風味も豊かです。

特に利尻昆布や羅臼昆布などは

高級品として知られています。

加工方法:

加工方法は手作りであることが望ましいです。

手作りの塩昆布は昆布本来の旨みや

食感を損なわずに仕上げることができます。

また、無添加であることを明記していることも重要です。

以上のように、おすすめの

無添加塩昆布の選び方は原材料、

昆布の産地、加工方法の3つのポイントに

注意すればよいでしょう。

無添加塩昆布を使って、

無添加ライフを楽しみましょう。

\DEAL対象で最大20%P還元!17日まで!&今なら嬉しいおまけ付き/【無添加塩こんぶ】昆布と塩にこだわった無添加浜塩昆布35gx4袋セット◆化学調味料・着色料・保存料など添加物不使用◆大正14年創業の老舗昆布屋が作る無添加塩こんぶ(今ならオマケ付)【送料無料・メール便】

価格:1830円
(2023/10/14 15:29時点)
感想(48件)

参照: 昆布の栄養と効能|昆布の基礎知識|昆布の専門店 利尻昆布 : 昆布の栄養と効果|昆布の基礎知識|北海道産昆布の通販 羅臼昆布 : 塩こんぶには添加物が多く含まれている!?|塩こんぶの栄養と効能|塩こんぶ通販 : 塩こんぶには添加物が多く含まれている!?|塩こんぶの栄養と効能|塩こんぶ通販 : 化学調味料の危険性とは?その影響と対策方法|エコロジー・リサイクル・エネルギー :

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。