バナジウム水の効果とは・・副作用はないの?

バナジウムとは血糖値を下げる効果があると、
テレビや新聞、雑誌で取り上げられ、天然水やサプリメントなどでみた人も多いのではないのでしょうか。
本当に効果があるのか?副作用はないのかなどて体的に調べてみました。

バナジウムとは・・

バナジウムとは、何人かの科学者が発見し、
いろいろな別名が存在するのですが、
1830年にスウェーデンのニルス・ガブリエル・セフストレームが
いろいろな綺麗ないろに変色することから、
スカンジナビア神話の愛と日の女神「バナジス」にちなんで。
「バナジウム」と名付けられました。

人の身体の中にも50~200μg存在するのですが、
絶対不可欠のミネラル成分ではないとされています。
しかし、絶対必用な酵素モリブデンが少なくなると、
これを補うため、バナジウムも働くことが確認されています。
このことから、バナジウムがなにかの役割を果たしていると考えられています。

動物実験(ラット)でバナジウムを投与する個ことで、
血糖値を下げる効果が示され、インスリンに似た効果が期待できるのではないかと、
注目が集まり、サプリメントも販売され、ミネラルウォーターにバナジウムが
含まれているものもあり、現在あらゆる実験や検証が行われています。

食品に含まれていて、ひじき、アサリやエビやカニ、パセリ、黒胡椒、
マッシュルームにもバナジウムが含まれています。

このように、身体に良いとされる食材にもバナジウムが含まれています。

日本の天然水では、富士山の天然水にバナジウムが含まれています。
これは富士山が玄武岩を噴出する火山だからです。
鹿児島の桜島や雲仙岳や北海道の洞爺湖は安山岩を噴出しています。
玄武岩ばかり噴出していることは稀なことで、
富士山だけが玄武岩を噴出し、その 玄武岩にバナジウムが含まれているのです。

言い換えれば、富士山の水にしか、バナジウムが多く含まれていないのです。

バナジウムの効果、効能について・・

バナジウム水の効果について以下の効果が期待できるといわれています。

・糖尿病や動脈硬化の予防
・高血圧・脳卒中の予防
・ダイエット効果
・美容・便秘解消効果

あと熱中症の予防など、取り上げていたりしますが、
水分補給自体、熱中症の予防なので外しました。

・糖尿病や動脈硬化の予防
バナジウムが注目を浴びたのが、糖尿病や動脈硬化の予防に効果が期待できると
いわれたからです。
ラットを使った、動物実験では、血糖値を下げる効果が示され、
ヒト試験では、1日540mlを連用することで、血糖上昇の抑制と
コレステロールの低下も認められたとの論文も発表されています。

→バナジウム含有天然水の糖尿病改善作用における考察

このようにインスリンと似たような効果が体内で期待で着るのではないと、
多くの研究機関で実験が行われています。

・高血圧・脳卒中の予防
バナジウムが血糖値を下げる効果が期待出来という研究に合わせて、
高血圧にも効果が期待できるのではないと、同じように研究と実験が
行われています。これは血液をサラサラにする効果が期待できるのではないか、
という研究もされています。

・ダイエット効果
バナジウムには血糖値を下げる効果が期待できます。
血糖値が下がると脂肪の代謝が上がるので、太りにくくなります。
中性脂肪になるブドウ糖も代謝が良くなることによりエネルギーとして
消費されるようになります。

・美容・便秘解消効果
バナジウムには活性酸素も取り除く効果も期待されています。
これは老化の原因であるさん物質を体外に出してくれる効果が期待されているためです。
また腸内環境を整える効果も期待されていて、多くの研究が進められています。
腸内環境に関しては、バナジウム水に含まれるミネラル成分にも、
大きく作用されるので、
マグネシウム、サンフェートなど含まれたバナジウム水がオススメとなります。

副作用はないの?

いろんな研究機関で研究、実験が行われ、
バナジウムの効果が期待できる報告はあるのですが、
はっきりとした、効果についてはまだ不明となっています。

なので、どれくらいの効果があるのかは不明で、
どれくらいの摂取量が良いのかも不明です。

いろいろな実験での研究から、
1日バナジウムを200ml~540mlぐらい摂取しないと
効果がないとの報告もあり、これらを計算すれば、
バナジウム天然水を200リットル位飲むことになります。(不可能です)

しかし、どれくらいで血糖値に効果があるのかもわからないので、
糖尿病で薬を服用している人は、かかりつけの医師に相談しましょう。
また高血圧の薬も同様で、医師に相談しましょう。

また、赤ちゃんのミルクにもオススメできません。
バナジウムもミネラルの一種なのですが、
ミルク自体にバランス良くミネラルがふくまれているので、
バナジウムの含有量が多い天然水でミルクを作ると、
せっかくのミネラルバランスが崩れ、まだ内蔵が発達していない
赤ちゃんではお腹を壊してしまう恐れがあります。
できるだけ、赤ちゃんのミルクには軟水の天然水が良いでしょう。
離乳食が始まる頃には、ないぞの発達もしてくるので、
バナジウム水も大丈夫になるのではないでしょうか。

まとめると、現在糖尿病や高血圧で薬を服用している人は
医師に相談しましょう。
赤ちゃんのミルク作りにも適していません。

バナジウムが含まれている食品は?

バナジウムは天然水以外でも、食品からも摂取できます。

バナジウム天然水を飲んで、もし血糖値が下がり過ぎた場合などあれば
食べ合わせなど確認するといいでしょう。
また、もっとバナジウムの摂取が必要と感じた場合も、
食品から上手に取り入れることもできますね。

効果的な飲み方とは・・

バナジウム水に関わらうどのミネラルウォーターでも
常温で飲む事が大切です。

コップ1杯位150cc~200ccを分けてのみことをオススメします。

また500mlのペットボトルなどで飲む場合、
こまめに分けて飲むようにしましょう。

朝、寝起きでコップで飲む。
お風呂上がりにコップで飲む。
食事の30分前にコップで飲む。
就寝前にコップで飲む。
これにペットボトルで一口だけでも、こまめに飲むことを
習慣にしましょう。

最後に・・

バナジウム天然水は、薬ではありません。

富士山の普通の天然水です。

昔から普通に飲まれているもので、
富士山の美味しい天然水です。

細菌バナジウムの効果が発見され、
富士山の天然水にバナジウムが含まれているため、
バナジウムが過剰と言えるくらい取り上げられています。

バナジウムの効果とか副作用とか言うと、
凄い効果があって、反面副作用があるのではないかとか思ってしまいますが、
昔から普通に飲まれている天然水です。

血糖値が高くなってきて、気になりだしたら、
何もない天然水より、富士山のバナジウムが含有されている天然水を
選んで飲んで見るのも良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。